ベジママが効果的と言われている理由を徹底調査!!

MENU

ベジママが効果的と言われている理由を徹底調査!!

ベジママと他の葉酸サプリの効果の違いって何か?
葉酸は妊活中に摂取することを厚生労働省も推奨しています。
産まれてくる赤ちゃんの先天性リスクを予防する効果が高いことで葉酸は進められています。

 

これは他の葉酸サプリでも同じことが言えますがベジママの特徴はピニトールの配合です。

 

ベジママ,効果

 

ピニトールは植物から抽出した水溶性ビタミンです。

  • 多嚢胞性卵巣症候群を防ぐ
  • 血糖値を下げる

といった効果が高いと研究結果でもでてる有効成分なんです。

 

多嚢胞性卵巣症候群は病気ではないのですが男性ホルモンの分泌が多いためうまく排卵がおこなわれないことを
言います。

 

実は若い年代の人でも20人に1人で発症してるといわれています。
そのため不妊でまず疑うのがこの多嚢胞性卵巣症候群だといわれていて
ピニトールは体内でカイロイノシトールに変換されホルモンバランスを整えるといわれています。

 

排卵しやすい状態に身体を整える事が期待されています。
つまり不妊予防、対策に効果がとても高いということなんです。

ベジママ,効果

妊活を数か月してるけどなかなか恵まれない・・

 

それは妊娠しにくい体質になってしまってる原因も高くそこをサポートすることで
赤ちゃんを授かりやすい体質を作り出してくれるのがベジママの1番の魅力なんです。

 

不妊で悩むなら妊活サプリ『ベジママ』

ベジママ,効果ベジママ,効果

↓↓公式サイトはコチラ↓↓

https://vegemama.jp/

 

ピニトールが不妊に効果があるワケとは?

ピニトールとはイノシトールで水溶性ビタミンの一種です。
厳密に言うとビタミンではなくビタミンに近い存在であるといえます。

 

ではなぜこのピニトールが不妊に効果的だといわれているのか?
日本ではあまり知られてませんが海外ではすでに不妊治療として広く使われています。

 

不妊にもいろんな原因はあるのですが1番初めに考えられる事が
多嚢胞性卵巣症候群だといわれています。

 

多嚢胞性卵巣症候群とは排卵障害のことで卵胞自体が成長せず排卵しない症状のこと

 

肥満体質やニキビができやすい生理不順であることが自覚症状としてでると考えられています。
ピニトールはこの多嚢胞性卵巣症候群を防ぐことで有効だといわれています。

 

多嚢胞性卵巣症候群の原因は?
基本的に軽度のものが多くあまり病気とはとらえられていません。
脳内のインスリンが多く分泌されることで男性ホルモンが増加することが排卵障害を引き起こします。

 

ピニトールは体内に吸収されるとカイロイノシトールとい物質に変化します。
インスリン感受性をt構えることでホルモンバランスを正常にします。

 

男性ホルモンの分泌量を抑えることは卵胞の成長スピードの促進に関係してくるんです。
妊娠しにくい身体になってしまってるのをピニトールを摂取することで妊娠しやすい身体づくりのサポートができる
ということなんですね。

 

あまりピニトールが配合されたサプリは出回っていません。
葉酸・ピニトールが配合された妊活サプリはベジママだけです。

 

ベジママのもう一つの効果の秘密

ピニトール以外にも見逃せない成分がルイボスです。
ルイボス茶という方が耳によくするかもしれませんね。

 

ベジママ,効果

 

基礎体温が低い人や冷え性の人は妊娠しにくといわれています。
生殖器自体の機能の低下や子宮内膜が厚くならない症状がでてきます。

 

ルイボスには基礎体温をコントロールする働きがありこれらの体質を
変化させることができます。

 

ルイボスが妊娠できない人におススメな理由は?

ルイボスはマメ科の植物で不妊で悩む人になぜ効果的なのか?
いろんな効能が期待されるのですが大きく関わってくるのが老化防止、抗酸作用、基礎体温向上です。

 

不妊と言えば妊娠しにくい身体になってしまってるということ。
それらを何とかする必要があるということになります。

 

抗酸化作用

抗酸化作用が働くことで卵巣、卵子の老化予防が行えます。
生殖器の機能の低下は妊娠しにくい理由に直結しまうのでとても重要だということは
間違いありません。

 

亜鉛・カリウム・マンガンといった豊富なミネラルも生殖器の活動の促進に
繋がることが分かっています。

 

排卵障害なども活性酵素や体内酵素のバランスが崩れることで起こるため抗酸化作用で
ホルモンバランスを整えることで体調を整えることができます。

 

基礎体温のUP

冷え性など基礎体温が低い場合も妊娠しにくいといわれています。
体温を上げることで子宮内膜を厚くし黄体ホルモンの分泌を正常にすることができます。

 

そしてこれらも生殖器の活動を正常にすることに繋がるので
妊娠しやすいサポートができる成分なんです。

 

葉酸ってどんな効果があるの?

葉酸が良いって聞くけど実際はどんな効果がるのか知っていますか?
食事からでも摂取できる水溶性ビタミンなのですが
排出されやすく吸収されにくい特徴があります。

 

特に妊娠時は多くの葉酸が必要になるので厚生労働省も摂取しなさいね
というようになったんです。

 

葉酸の効果

  • 貧血防止
  • 細胞分裂のサポート
  • 赤血球を生み出す
  • 不妊予防

等が挙げられます。

 

妊婦は胎児に大量の血液を与えます。
そのため貧血になることも珍しくなく赤血球を作りだす葉酸を摂取することは
貧血予防につながります。

 

細胞は常に分裂を繰り返します。
赤ちゃんの成長のサポートや低体重の予防にもなりますし
傷の回復も早まります。

 

葉酸は遺伝子配列に影響を与えることも分かっておりますので
不妊予防にもとても有効だと言われています。

 

葉酸はどんな食事から摂取できる?
レバー、ホウレンソウ、うなぎといった食べ物から栄養をとることが
できます。

 

ただ葉酸は熱や水に弱い性質があるので
調理中にほとんどの栄養素を失うといわれています。

 

食事からでは摂取しずらい栄養素になりますのでサプリなどで
補給することが進められているんです。

 

葉酸は人が健康な状態を維持するためには欠かせないとても重要な
栄養分になります。

 

ベジママに配合されている葉酸の種類は?

葉酸なんてどれも一緒じゃないの?
と考える人も多いかもしれませんが実は大きく違います。

 

厚生労働省が推奨している葉酸は合成葉酸(モノグルタミン酸型葉酸)です。
その他に天然葉酸(ボリグルタミン酸型葉酸)があります。

 

大きく異なる点は吸収率と言われていて
天然葉酸が50%以下に対して合成葉酸は80%以上だと言われています。

 

栄養素なので体内に吸収され利用されないと意味はありませんよね。
体内利用効率が高い合成葉酸を推奨するのは当然のことなんですよね。

 

なので葉酸サプリにしても妊活サプリにしても合成葉酸を選ぶことは
必ず必要だと覚えておく方がいいですね。

 

合成葉酸にはリスクがある?

合成葉酸を妊娠初期に摂取していると赤ちゃんが喘息持ちになる?
もしかしたらこういったリスクを聞いたことがあるかもしれません。

 

でも安心してください。
根拠はありません。
合成葉酸を摂取したからといって子どもが喘息になりリスクの報告なんて
ないんですよね。

 

サプリは基本は摂取量をしっかりと守っていればこのような
危険性はないと勧化て大丈夫です。

 

葉酸は過剰摂取するといけないの?

葉酸は食事から摂取することができますが基本的には過剰摂取になることは
ありません。

 

吸収率が極端に低いのが特徴であるためです。
仮に多くの葉酸を摂取したとしても水溶性ビタミンであるため尿として排出されてしまうでしょう。

 

不妊で悩むなら妊活サプリ『ベジママ』

ベジママ,効果ベジママ,効果

↓↓公式サイトはコチラ↓↓

https://vegemama.jp/